忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フィリップスQT4022Nの口コミ情報

ヒゲ生活を始めてから、もうかなり長くなります。
これまではずうっと、ハサミで手入れしてきました。

「面倒臭い……」
とは思いながらも、
なんとなくヒゲトリマーを試してみることもなくここまで来てしまいました。

でもさすがに
「もうちょっと手軽に済ませられないものか」
と思い、
QT4022Nの口コミを集めてみました。


すごく多くの口コミを見た結果、
全体的に以下のような意見が多かったです。

・高評価できるポイント
「切れ味は良い。引っかかったりしない」
「音が静か。振動も少ない」
「長さ調節がダイヤル式でやりやすい」
「本体の質感やデザインに高級感がある」

・いまいちなポイント
「剃ったヒゲが飛び散る」


飛び散るのは、ハサミでも同様ですね。
防水なので、お風呂で使ってるという方が多いようでした。

フィリップスQT4022N(アマゾン)
QT4022N(楽天市場)
PR

フィリップスQT4022Nの口コミ情報Part2

QT4022Nを使われている方の感想です。

「使い勝手の良さやデザインがすごく気に入っています。
0.5mm単位で設定できるというのも良い。
そういう細かい調整ができるのって、少ないですし。
持ったときの手のフィット感もすごく良いですね。

でも、剃ったヒゲがけっこう飛び散ります。
それがグリップ部分の細かい溝に入り込んだから、取りづらいです。」


ヒゲが飛び散るというのは、
多くの方が指摘されていました。
使う場所を選びそうですね。
「お風呂で使ってる」という方が多いみたいです。

フィリップスQT4022N(アマゾン)
QT4022N(楽天市場)

フィリップスQT4022Nの価格情報

「フィリップスQT4022Nが最安値のところを探そう」
と思い、
いろんなショップの値段を調べてみました。


その結果、
たとえば有名どころだと
・Amazon
フィリップスQT4022N
・楽天市場
QT4022N
という感じでした。

結論としては、
最安値はAmazonでした。

「送料無料」
「ギフト包装の利用可能」
です。
また、
「お急ぎ便」や「当日お急ぎ便」も利用できます。(有料オプション)


あちこち見てて思ったのですが、
ショップによって価格設定にかなり大きな差がありますね。
ちゃんと調べてみてよかったです。

同社の「QT4015」も同じようなスペックだけど・・・

フィリップスの「QT4015」という機種も、
QT4022Nと似たスペックですね。
スペックだけでなく、発売時期も同じですし。

何が違うのかな?と思って調べてみました。


共通なのは
・長さは0.5~10.0mmまで20段階
・1時間急速充電(約60分使用可能)
・オイル差し不要
といった辺り。

大きく違う点は、
サイズ・重量・丸洗いについて・刃
です。

・QT4022N
約3.7×3.4×高さ22.4cm、約165g、水洗い可、ダイヤモンド状炭素コーティング刃
・QT4015
約3.7×5.0×16.5cm、約120g、水洗い不可、チタニウム刃

前者は
「手入れが楽だけど、ちょっと大きい」
後者は
「丸洗いはできないけど、ちょっとコンパクト」
という感じですね。

あと、
見た目はだいぶ違いますね。
QT4022Nの方が、だいぶ高級感があります。

フィリップス QT4015(アマゾン)
フィリップスQT4022N(アマゾン)

どれくらいの長さがいいのかな

今まではずっと、
「なんとなく、これくらい」
で1~2mmくらいの長さにしていました。

さっきたまたま、
「一番カッコよく見える長さはどれくらいか?」
という話題が目に入りました。

そこに書いてあった情報によると、
「無精ヒゲは3日目の状態が一番いい」
とのこと。

もちろん人によって最適な数字っていうのはだいぶ違うんでしょうけど、
目安にはなりそうですね。

私の場合は1~2mmなので、
ちょうど3日目と同じくらいかな。

フィリップスQT4022N(アマゾン)
QT4022N(楽天市場)